5,000円以上の注文で送料無料!

おうちで簡単!台湾大腸麺線の作り方をご紹介

おうちで簡単!台湾大腸麺線の作り方をご紹介

ダシが効いた温かいとろみのあるスープで、ソーメンのような細い麺を煮込んだ台湾の伝統的な小吃「麺線」。

ホルモンやカキがのった麺線は、台湾の夜市を代表する料理です。

今回は、台湾料理店でも使用されている業務用の台湾麺線とスープの素を使って、豚モツを入れた大腸麺線のレシピをご紹介します。

今回使用するのは【業務用】台湾 麺線 乾麺【業務用】台湾 麺線 スープの素になります。

業務用のためボリュームは多いですが、調理方法はとても簡単です。作りおきをしておけば、毎日台湾麺線を楽しむことができます!

 

調理時間:60分(うち煮込み時間55分)

 

材料(10人分)

 

作り方
  1. 豚モツをよく水で洗い、塩でぬめりをとったあと、再び水でよく洗います。
  2. 水と醤油を1:1の割合で入れて沸騰させた後、適量の料理酒と豚モツを入れて30分程度茹でます。
  3. 麺線を水で洗い、水気を切ります。
  4. 鍋に2.4Lの水を入れて沸騰させ、スープの素を入れてよくかき混ぜて1~2分間煮込みます。
  5. 弱火にして、水溶き片栗粉を入れてとろみが出たら、麺線を入れて中火にし、よく撹拌させます。
  6. 弱火にし鍋に蓋をして25分間煮込みます。麺線が膨張したら出来上がりです。
  7. お好みで、香菜、ネギをのせたり、「工研烏酢 / 台湾黒酢」を加えるとより一層おいしく召し上がれます。

 

料理のコツ・ポイント

  • 麺がダマにならないように定期的によくかきまぜます。
  • 茹で終わった後、味見しながらモツの茹で汁を適宜加えると味に奥行きがでます。

 

更に本格的な味わいを目指すためのステップアップ